重要な働き

どんな働きするの?

注目すべきセラミドの働きは、なんといっても「保湿」です。肌の中の水分や適度な油分を蓄え、外部の刺激から肌を保護するバリアとして機能します。

そのため、みずみずしい肌をつくることはもちろん、メラニンの生成を抑制して気になるシミやシワを防いだりという高い美肌効果も期待できます。また、肌の神経細胞を活性化させたり、免疫力を高めたりする効果があるという研究結果も報告されています。

なかでもセラミドは、肌の乾燥に抜群の効果を発揮してくれます。

そもそも、アトピー性皮膚炎や乾燥肌が起きる原因の一つにはセラミド不足があると考えられており、この成分が不足すると些細な刺激で痒みや痛みがでたりと、敏感肌のトラブルにもつながってしまうのです。そのため、肌のガサつきやゴワつきが気になったら、まずはセラミド不足を疑ってみるといいでしょう。

 もちろん、セラミドはあくまでも肌の健康をサポートする成分ですので、大量に摂取することによりアトピー性皮膚炎や敏感肌が治るという訳ではありません。しかし、「肌が弱くて乾燥が怖いのでお化粧をためらってしまう」という女性にとって、「セラミドが配合されているかどうか」というポイントは、基礎化粧品やファンデーションを選ぶ際にひとつの指標になってくれます。

セラミド化粧品の選び方

肌のセラミド含有率を上昇させるには、サプリで体内に直接摂取するよりも、セラミドを配合した基礎化粧品を利用する方が断然効果的です。

セラミド化粧品を選ぶ際にポイントとなる事柄として、「セラミド配合率」、「化粧品のタイプ」、「価格」、「メーカー」、「セラミド以外の美容成分」などがありますが、最も大切なのは自分の肌にあう商品を選ぶということです。

セラミド化粧品の中には、トライアルセットの利用でお得に試せるものもあるため、購入を決定する前に事前に自分の肌で使用感を確認すると間違いありません。

 それでは、セラミド化粧品を選ぶ際にどのような点を確認すべきなのでしょうか。
まず、セラミド配合率は高いに越したことはありません。含まれるセラミドの量は商品によって差があるので、お財布と相談しながらできるだけセラミド配合率の高いものを選ぶようにしましょう。

また、ひとくちに「セラミド」と言っても、化粧品に配合されるセラミドには大きく分けてふたつの種類があります。「天然セラミド」と呼ばれるものは、その名の通り天然の植物性セラミドで、極めて高い保湿性と浸透性を誇ります。

しかし、貴重な成分であるが故に価格が高いのが難点です。もうひとつが「天然型セラミド(合成セラミド)」と呼ばれるもので、天然セラミドに比べて保湿力は若干劣りますが、「ヒト型ナノセラミド」などは浸透性が抜群に良い点と価格の安さが魅力です。

次にポイントとなるのが、化粧品のタイプです。敏感肌の人は特に、化粧水やクリーム、ジェルといった商品の形状自体よりも、着色料や防腐剤、香料などの添加物を使用していないものを選ぶことをお勧めします。
その他、セラミド化粧品を購入する際には、商品の価格やメーカー、含まれる美容成分などを総合的に考え、自分に適した商品を選ぶようにしましょう。

セラミド美容液トップへ


このページの先頭へ戻る