セラミドとは?

セラミドって何?

最近、テレビや雑誌で話題になっているセラミドとは、肌の角質層にある細胞の潤いをキープしてくれる細胞間脂質の一種です。いってみれば「潤いの番人」のような存在で、細胞と細胞の間に入って水分を蓄え、外側からの刺激や乾燥から肌を保護してくれます。

そのため、セラミドの働きは「肌バリア機能」と呼ばれて高く評価されています。セラミドは肌の保湿に欠かせない細胞間脂質の実に50%を占めている極めて重要な成分なのです。

健康で若々しい肌にはセラミドが豊富に含まれているのですが、年齢を重ねたり、外界の紫外線や乾燥など、さまざまな刺激にさらされるうちに、セラミドの量は著しく減少してしまいます。

角質層で細胞同士を繋ぎ合わせていたセラミドが減ると、細胞の間に隙間が生じます。そこから水分が蒸発してしまうために、乾燥肌や敏感肌、アトピー性皮膚炎といった肌トラブルが発生しやすくなるのです。

このように、ハリのある美しい肌を維持するのに欠かせないセラミドは年齢と共に減ってしまうため、意識的に補ってあげることが大切です。

美肌のためにセラミドを摂取する場合は、サプリメントを利用するよりも、セラミド成分の配合された基礎化粧品を使用する方が効果的です。セラミドを直接肌に補給することで効率的に肌の健康をサポートできます。

敏感肌でも安心

敏感肌の人も安心して利用できるのがセラミドの最大の魅力です。
本来、人間の肌には乾燥や紫外線、汚れといった外部の刺激から肌を保護する機能があります。

これが「肌のバリア機能」と呼ばれるものです。セラミドはこのバリア機能の中核を担う成分で、セラミドをたっぷりと含んだ肌は自身のバリアが十分に機能している状態です。そのため、多少の寒さや乾燥、紫外線といった刺激では肌荒れを起こしにくいのです。

つまり、セラミドを補給することは、バリア機能を正常化して肌を元の健康な状態に回復させることなので、肌の弱い人にもぴったりの肌荒れ対策なのです。

セラミド不足を解消することで肌は本来の保護機能を復活させることができます。もともと自分の肌組織の中で生成されている成分のため安心して利用することができます。

実際に、敏感肌や乾燥肌、アトピー性皮膚炎に悩む人が抱える肌のカサつきや痒みといったトラブルは、このセラミドの量が減少することによって引き起こされるとされています。ですから、セラミドという成分自体が肌に刺激を与えることはありません。

ただし、セラミドを配合した基礎化粧品にはさまざまな種類のものが販売されているので、敏感肌の人は無添加・無香料かつ刺激物質の入っていない自然派志向の製品を選ぶことが重要です。


セラミド美容液トップへ


このページの先頭へ戻る